日语经济论文

 时间:2013-01-19 09:19:16 贡献者:shenjingjing80

导读:日本中国の雇用制度の比較初めに、 日本の20世紀50年代からの終身雇用制度と中国1956年から1978年ま での固定工制度について紹介したいである。二つの制度の定義、発

朱岗昆旧藏 日文论文1份 有批注
朱岗昆旧藏 日文论文1份 有批注

日本中国の雇用制度の比較初めに、 日本の20世紀50年代からの終身雇用制度と中国1956年から1978年ま での固定工制度について紹介したいである。

二つの制度の定義、発展、現状などを紹介し てから、この二つの制度についての相違点と共通点を話したいである。

日本の終身雇用とは、学校を卒業してから 1 つの企業に就職して、その企業で60 歳の定年まで雇用され続けるという、 日本の正社員雇用においては一般的な雇用慣行であ る。

これに対するのはねんこう序列制。

その代わり、特に市場価値のあるスキルを身に着 けなくても、会社が倒産さえしなければ、 定年までの雇用と賃金が保障されるのである。

この終身雇用制度は、集団利益を大切させ、 会社や組織に対する献身的な帰属意識 を醸成する。

その結果、社員は自分と会 社が運命共同体となって、労働意欲が張って、 生産効率の増大をもたらしてき、日本の経済発 展にプラスに作用した。

1990 年代から 2000 年代にかけて、多くの日本企業は円高や国際競争、平成不況の中で、人件費の圧迫 と過剰雇用に直面し、雇用の調整が大きな経営課題となった。

中国の固定工制度は計画経済時代に使っていた 1 種の雇用制度で、 規定に基づいて、 労働者は国家の各級労働人事部門に正式採用されたり、 国営企業の仕事したり、 終身で国 家労働者になる。

重大な過失を犯さない限り、もはや失業することはない。

レベル賃金制 度が行われている。

中国は 1956 年から 1978 年の改革開放にかけてほとんどの間に実行したのはすべて固 定工制度、90 年代半ばから社会主義市場経済体制を確立するは、このような制度が双方 向選択された契約制度に取って代わられる。

次をは日本の終身雇用制と中国の固定工制度の共通点と相違点をご紹介します。

違う所 は両国における企業、 社員と国家三者の関係や法律の面から紹介する。

共通点は結果など 課から紹介したいである。

日系企業では:1、日本で企業が社員を採用するときには、従業員と必要な労働契約、 労使の一般的な義務と権利を定めるほか、 双方が明確に終身雇用契約を締結することでは なく、 ただ一種の暗黙の了解だ。

企業は自分の実際的な行動で労使双方の長期的な利益を 維持するために戦略的計画を練ることを証明する。

2、就職の期間は全く企業と従業員の自主行動で、政府に関係がない。

日本政府は企業 の従業員に健全な法的環境を提供するほか、 企業の具体的な雇用期間や具体的な給与に対 して制限していない。

3、日本の法律の中では「終身雇用」という規定がない。

その上、 民法では長期にわたって労働者を占用することを禁止する。

4、社員の集団意識が高くて、企業のためにできるだけ自分の力を尽くす。

5、効率が高く、日本の経済奇跡を創造する。

中国企業では:1、中国の雇用制度は具体的な契約はないにしても、その時の企業は労 働者と契約を締結するのではなくても、 しかし国家は全ての労働者と締結した企業の契約 で、 企業は国家のもので、 国家は従業员の代わりに自分との契約してしまったに相当する。

建国時期労働力を満足するために、 社会の建設労働者の需要によって、 国家統一の指令計 画で全体の労働力の供給した。

2、企業は労働者の数量を決めない権利がなく・、労働力の品質でも选べなかった。

3、 中国の様々な法律と多くの政策の規定を作り、 具体的な規定による生産と雇用を行 い、労働者の権利保護を強化などを柱とする法律だ。

4、 「全ての人は平等」という意識に基づいて、皆同じような賃金を得る。

5、効率が 低く、経済の発展に悪い。

共通点は以下のとおり;1、従業員が一旦ある企業に入ったら、一般的には長期的に企業 で仕事をしている、 甚だしきに至っては定年まで働く。

企業は一般的に解重大な過失がな い限り従業員を解雇しないことになる。

87 5 2、 それぞれの雇用制度にマッチする給料や昇進制度は非常に似ている。

給料は確定の標 準で基本的には年齢と勤続によって決め、従業員の仕事の能力とはあまり関係がなくて、 昇進も主に資歴によって決めるのが普通である。

104 7 3、両国の企業でも自分の長期雇用工に比較的に全面的な福祉待遇を提供し、例えば、各 種のボーナス、住宅手当、医療、教育施設など様々な分野にわたて、従業员は企業でも家 の暖かさを感じることができるのを目標として努力している。

108 7 4、メリット:企業の人的資本投資によい;企業の先進的な技術を使うのによい;企業労働雇用と研修コストを下げるのによいである。

64 4 5. 人材流動を妨げて、企業の活力は足りない;現代の若者の就職観に反し、多くの若者が受け入れられない. 49 3 要するに、 雇用制度は生産力に合うかどうかに決めるわけである。

社会と経済が調和に発 展するのが一番よいこようせいどだとおもわれる。

日本战后经济的复兴-论文-日语-毕业论文-商务 日语商务经济论文 经济相关日语论文、新鲜、规范、原创、精准【早道日语】 日本泡沫经济的产生极其反思-论文-毕业论文-应用日语-商务日语 日本泡沫经济的反思-思索-论文-毕业论文-应用日语-商务日语 日语口语论文:日本简介与其经济发展 日语小论文常用表达 经济全球化下的中国与时俱进精神(日语论文) 日语论文日语被动句及其分类
日语经济论文题目日语经济论文参考文献青春读后感开头 根鸟读后感受50字 贾里日记的读后感 一本关于如何写好读后感的书籍 核舟记读后感800 农村房阳台外观效果图大全2014图片 小清新植物情侣头像唯美图片 橡皮树图片叶子黄落叶 可爱星座的头像女生头像大全集 叼着烟的女生头像