【图解日本经济】论文100120614韩天放

 时间:2015-06-19 05:38:29 贡献者:凌空孤月

导读:日 06 ・14100120614小論文韓天放ローマ・クラブの「成長の限界」は納得できない。 1972年、ローマ・クラブの「成長の限界」では、人口成長、食糧問題、 物不足、 環境汚染、 石油危

【图解日本经济】论文100120614韩天放
【图解日本经济】论文100120614韩天放

日 06 ・14100120614小論文韓天放ローマ・クラブの「成長の限界」は納得できない。

1972年、ローマ・クラブの「成長の限界」では、人口成長、食糧問題、 物不足、 環境汚染、 石油危機などの面から、 人類の経済成長の限界を説明した。

でも,私個人のかん考えでは、それらの問題は時間の推移と共に、解決するこ とができる。

まずは人口の増長。

この問題に対する、 中国の一人っ子政策がいい結果を収 めることは既にいい手本を示した。

いまの国際情勢で、世界の国々に広がるこ とは無理だけど、 国連もずっと頑張って続いているから、何時か世界人口を合 理的に成長させることができるだろう。

次は食糧問題。

袁隆平の交雑水稲を発明して世界に広がるを始め、 農業技術 の発展につれて食糧問題はもう問題とは言えないだろう。

物不足と石油危機と環境汚染について、今、地下の資源が発見しつつ、ロシ アの巨大なダイヤモンド鉱区も、南海の石油も。

不可再生能源はいずれ採掘切 ることは目に見えるほど現実になることが分かっているけれども、 能源革命に つれ太陽エネルギーを始め、 水エネルギー、風エネルギーなどの環境にやさし く新しい再生能源は必ずだんだん旧能源の代わりをつとめるであろう。

環新能 源や環境保護技術の使えも新しい経済成長点になれる、 その上政府の協力を加 えて、汚染は必ず抑えると思う。

最後に、ローマ・クラブの予測も「限界」がある。

彼らの報告で正しいこと があることは肯定的であるが、 新世紀での科学技術や新たな経済発展モデルで は、その結論について、私は納得できない。

中国経済は将来性があるの理由の説明中ソ対立以来、農業を中止すること,中小企業を発展させること、人民公社 制度の創設すること, 「自立更生」という四つのことを特徴にして、中国は独 自開発方式で経済を発展してきた。

また、文化大革命が収束後、経済成長が重 視された,先進国からのブラント輸入も激増した,投資効率が悪く,多くの不 均衡と矛盾が出てきたことを意識した後すぐに政策を調整した。

改革開放から 南方視察以来、 経済特区の増加に連れて、対外開放が広い領域で多階層的な格 局になていく、中国が高成長のブームになってきた。

さらに、十一・五計画以 来、中国はいよいよ高度成長期に迎えてきた。

中国の現状は小康である、 中層ぐらいの生活水準で、まだ大きな成長の空間 がある。

しかし、2010年中国の GDP が日本を超え、世界2位に乗りました が、 一人当たての GDP は世界100位ぐらいであり、 日本人の一割に過ぎない。

小康生活に迎えた中国の足跡に連れ、病院に入るのが難しい、就職難や貧富格

差の拡大は今中国の三つの重大な問題になってきた。

また、環境に関する問題 や食品安全問題なども、 人々に注目されても目に見えるほど厳しくなっていく。

その上潜在的に、エネルギー危機,金融危機、社会保障危機,国土争端危機な どのことが生まれた。

最大の発展途上国として、三つの大きな挑戦に迎える: 1、どのように今日のスピードで続けて発展させていけるのか。

2、環境やエネルギー等の面でどのように続けて発展させていけるのか。

3、分配,平等の問題はどのように解決したらいいのか。

話では、挑戦と伴ってチャンスがある、中国も自分の優位がある。

まずは 労働力が豊かであること、 そして人口イコール消費市場、 今の中国は世界で一 番大きな市場を持っている,次は天然資源の多くあること、国土が広くて、石 炭などが世界の先頭にたつこと、その上に、 「改革開放」の思慮深い政策と国 際的な平和環境も中国経済の発展に力になることができるから。

今年世界経済の回復の展望を一層暗く見える、 欧州債務問題でヨーロッパ連 盟の衰えが主の原因となった。

ユーロ圏がマイナスへ成長と予想される、米国 経済昨年度水準で、 日本経済は多少に回復と、新興諸国の経済のスピードが鈍 化、 国際初級製品の価格は世界経済成长率冷え込ませるのことで成長鈍化、世 界的な通貨政策の動きが優しくと見せている、 中東情勢不安など多重要素に影 響が下がらない。

不景気な状況に対して、 中国の成長が緩やかになてきっている。

主要要因と して、 大規模なインフラ建設の空间を小さくなるほど、 労働力の成長の速遅く、 外需低迷しているから、人為的な経済高い速度不可能もない。

だから、わが国 のマクロ経済の調整政策コードは稳中求进まで守られるに積極的な財政政策 を通じて、構造的な減税経済の活力を高める。

現状は、中国の成長が緩やかに なてきっても、依然世界の成長エンジンとして、世界経済の発展を引領して いる。

1949年建国以来、紆余曲折した道を歩んだ。

現実は厳しいであるが,中 国はずっと「中国特色社会主義」という道であるんで来た。

つまり、外の世 界はどんな激変があっても、中国政府や中華人民はいつも実際の状況から自 分の条件に適合する道を見つかることが予見することができる。

その故に、 中国経済は必ず将来性がある。

日本经济论文:强震日本经济 现代日本经济论文 日本经济论文 日本经济泡沫论文集合 中国周边国家和地区经济论文:日本战后经济崛起 绿色低碳经济发展经验论文:日本发展绿色经济经验及其对我国的启示 获奖论文:基于日本报业网站盈利模式的经济学分析 经济论文:关于日本经济崛起的深入解读 全国日本经济学会会议论文 从汽车工业看日本的计划经济论文
4年级下册英语所有单词 幼儿园圣诞节英语课件 四年级英语第六单元手抄报图片 五八同城英语翻译笔译 学英语游戏下载 萌皮卡丘动漫头像高清壁纸 客厅装饰灯具图片 到茶的图片大全 健身唯美图片男 动漫监视图片